投稿日:

キャッシング時の郵送物なしは貸金業者と利用者双方にメリットがある

キャッシングを利用する際には、家族に内緒で使いたいと考える人が少なくありません。金融業者にとっても、郵送物には送料が掛かってしまうので、なるべくコスト削減のためにも郵送物なしとしたい事情があるわけです。

金融業者と利用者双方にとってメリットがある方法として、郵送物をなくす取り組みが行われています。

※郵送物なしで取引出来るキャッシング会社をすぐに知りたい方は「キャッシング郵送物なし!」の記事をご覧下さい。

申込時に専用キャッシングカードの受け取り方法を工夫する

キャッシング申込を行い審査に通過すると、借入手段として振込融資またはATM経由での借入が可能です。振込融資では、銀行間を跨ぐ振込には平日15時までに手続きを完了させなければ、翌営業日振込となってしまいます。

ATM経由でのキャッシングには、専用キャッシングカードが必要となるので、いつでも好きな時に借入を受けたいならば、専用キャッシングカードの受け取り方法まで考えてキャッシング申込みを行わなければなりません。

専用キャッシングカードは、書留郵便で自宅へ送付されると、本人限定受取郵便であっても差出人が書かれた不在票を入れられた段階で、家族にキャッシングを知られてしまいます。そこで、自動契約機コーナーで受け取る方法か、一部の銀行カードローンで採用されている既存のキャッシュカードと一体型のタイプを選ぶ必要があります。

WEB明細の利用で郵送物なしに出来る

キャッシングの利用を開始した後には、毎月送付されてくる利用明細票があります。しかし、普通郵便で送付される利用明細票には、個人情報が多く含まれているだけでなく、金融業者にとってもコストが掛かるので、WEB明細を利用して郵送物なしに出来れば金融業者にとってもコスト削減可能です。

法律に基づき貸付条件明示書の交付が義務付けられていますが、紙で送付するとは決まっていないのでWEB明細であっても認められています。WEB明細を申込み、定期的なチェックをしていれば、郵送物なしでキャッシングを継続可能です。

どうしても郵送物なしに出来ない部分に注意しよう

郵送物なしでキャッシングを利用継続出来ていても、例外的に郵送物が発送されてしまうものとして、滞納時の督促状があります。約定返済通りに返済をしっかり行っていれば防げる郵送物ですから、自宅への郵送物なしとしたいならば、返済をしっかり遅れずに継続しておかなければなりません。

WEB明細サービスを申込んでいるからといって、滞納時には例え数日であっても、約定返済日前に届出を出しておいた場合を除いて督促状の発送は避けられません。返済日に遅れることが分かった段階で、約定返済日よりも前に余裕を持って金融業者へ相談しておけば、郵送物なしに出来る可能性があります。